薄毛の改善を諦めないで!正しいケアを続けることで髪の毛は生えてきます

抜け毛や薄毛に悩んでいる男性はたくさんいます。あなたも髪の毛に悩みを抱えているのではないでしょうか?

世の中にはさまざまなコンプレックスがありますが、薄毛やハゲの悩みは周りが感じているよりも深刻です。

髪の毛が薄くなってくると、外見が変化して老けて見える傾向があります。

髪の毛の悩み

 

AGAは改善できます

安心して下さい。たとえあなたがAGA(男性型脱毛症)を発症しているとしても諦める必要はありません。

AGAの症状に合わせて適切なケアを施すことで、症状の進行を食い止めたり改善させることは十分に可能です。

薄毛やハゲに悩んでいるのであれば、当サイトで紹介している解決法をぜひ実践して下さい。

 

あなたに適した改善方法はコレ!
「今すぐに効果的なAGA対策を知りたい!」という場合は、下記のボタンをクリック(タップ)して下さい。
 
あなたの症状に合わせて最適な改善方法を紹介します。
 
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅡ型
⇒ 抜け毛が増えてボリュームがなくなってきている方

 
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅢ型
⇒ 周りから薄毛を指摘されるくらいAGAが進行している方

 
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅣ型
⇒ 頭皮に髪の毛が生えていない部分が増えてきている方

 

成人男性の2人に1人が薄毛・抜け毛の悩みを抱えています

大手クリニックのAGAスキンクリニックが実施したアンケート調査によると、薄毛・抜け毛に悩んでいる男性は日本全国で約1,200万人にのぼるということが判明しました。

アンケート結果
(※2015年5月 AGAスキンクリニック調べ~20代以上の男性1,030人に調査を実施~)

参考記事
「薄毛に関する意識調査」~AGAスキンクリニック公式サイト~

 
「あなたは現在の髪の毛の状態(薄毛や抜け毛)をどれくらい気にしていますか?」という質問に対して、「非常に気にしている」「気にしている」と回答した方々の合計が23%に達しました。

平成27年時点における20歳以上の男性人口が約5,036万人(総務省統計局)から算出すると約1,200万人にのぼります。

そして20歳以上の男性において、4人に1人の割合で薄毛・抜け毛に悩んでいることが分かりました。

さらに「やや気にしている」という回答をプラスすると全体の48.8%になり、大体2人に1人の割合で薄毛・抜け毛の悩みを抱えていることになります(驚)

 

あなたの抜け毛・薄毛の悩みはどれですか?

当然のことですが、抜け毛・薄毛の悩みは人それぞれ異なります。

生え際から薄くなってくる方やつむじ付近が薄くなってくる方、あるいは全体的に薄くなってくる方など実にさまざまです。

数ある抜け毛・薄毛における悩みの中で、特に悩み・疑問が多いテーマをピックアップして下記に掲載しました。

あなたの悩みや疑問にマッチした記事があればぜひチェックして下さい。それぞれの悩みや疑問に応じて最適な解決方法を提案しています。

 

 

薄毛・ハゲになる原因

薄毛・ハゲになる原因

薄毛・ハゲになる原因としては、主に下記のようなものが挙げられます。

 

偏った食生活

当たり前のことですが、髪の毛は身体の一部です。そのため、髪の毛は毎日摂取する食べ物から作られます。

毎日偏った栄養ばかり摂っていたり、インスタント食品や油っぽい食べ物ばかり食べていると身体だけでなく髪の毛にも悪影響を及ぼします。

 

慢性的な睡眠不足

睡眠不足は髪の毛にとって大敵です。髪の毛はあなたが眠っている時間帯に一番成長します。

慢性的に睡眠不足になることで成長ホルモンの分泌が減少して、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

髪の毛の成長が妨げられることによって、1本1本が細くなったり抜けやすくなっていきます。

 

過度な喫煙・飲酒

過度な喫煙や飲酒も髪の毛の成長にとって悪影響を及ぼします。

タバコに含まれるニコチンは体内で血管を収縮させる働きがあります。血管が収縮することで血流が悪化して、髪の毛に栄養が行き届きにくくなります。

また、アルコールは肝臓で分解される際にアセトアルデヒドという毒性の物質を生成します。

このアセトアルデヒドが新陳代謝される際に大量のアミノ酸やビタミンを消費します。

アミノ酸は髪の毛を構成するタンパク質を含んでいるので、そのアミノ酸が消費されることで髪の毛に成長を妨げます。

 

過度のストレス

過度なストレスは身体にとって良くないことは理解している方が多いですが、実は髪の毛にも悪影響を与えます。

必要以上のストレスを抱え続けることで自律神経が乱れて血行が悪くなるのです。

髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養を吸収するので、血行が悪くなることで必要な栄養が行き届かなくなり、薄毛や抜け毛を誘発してしまいます。

 

抜け毛・薄毛の大半の原因はAGA

AGA

髪の毛が抜ける原因はさまざまなものが挙げられますが、男性の場合は圧倒的にAGAが薄毛の原因となっているケースが多いです。

AGAとは日本語で「男性型脱毛症」と訳されます。

脱毛酵素と呼ばれている5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質を生み出します。

このDHTがヘアサイクルを乱して、健康な髪の毛が育ちにくくなるのです。

AGA

その結果、成長期の期間が短くなって髪の毛が細くなってきたり、十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです・・・。

抜け落ちた髪の毛の先が細く尖っている場合はAGAの影響を受けている可能性が高いので注意が必要です。

AGAの症状が進行していくことで、抜け毛が増えて、薄毛やハゲなどという頭皮の状態になっていきます。

 

あなたの薄毛はAGAですか?

ハミルトン・ノーウッド分類別症例

まずはあなたの薄毛がAGAに該当するかどうかを判断する必要があります。

AGAが原因かどうかを判断するためにはハミルトン・ノーウッド分類別症例を参考にすると分かりやすいです。

アメリカのハミルトン医師とノーウッド医師が個別に分類したパターンをミックスさせた分類法がハミルトン・ノーウッド分類別症例です。

 

U型・M型・O型の3種類

前頭部から後退していくU型と生え際から後退していくM型、そして頭頂部付近から薄毛になっていくO型に大きく分けられています。

AGA
あなたの薄毛がハミルトン・ノーウッド分類別症例のパターンのどれかに該当している場合は、AGAが原因だと考えて間違いありません。

 

AGAのレベルをチェックして最適な対策を施そう

あなたの薄毛がハミルトン・ノーウッド分類別症例のおいて、どのレベルに達しているかをチェックしましょう。

薄毛を改善するためには、AGAのレベルに合わせて対策を施すことが何よりも大切になります。

AGAのパターンを薄毛の進行度合いによってⅠ型~Ⅳ型で分類しています。薄毛や抜けが気になり始める代表的な症状をピックアップして、その特徴を簡単に紹介します。

 
【Ⅰ型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅠ型
前頭部の生え際がM字型に後退し始めている状態です。初期症状の段階で実際には薄毛の進行に気付かないケースが多いです。

 
【Ⅱ型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅡ型
Ⅰ型よりもさらに薄毛が進行している状態です。生え際が後退してきていますが、周りからは気付かれないレベルです。

 
【Ⅲ型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅢ型
Ⅱ型よりも薄毛が進行して、頭髪全体のボリュームもなくなってきている状態です。Ⅲ型まで進行すると、周りからも薄毛を指摘されることが増えてきます。

 
【Ⅲ Vertex型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅢ Vertex型
Ⅲ型の状態に加えて、頭頂部付近が薄くなってきている状態です。

 
【Ⅱ a型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅡ a型
Ⅱ型の状態に加えて、前頭部付近が薄くなってきている状態です。

 
【Ⅲ a型】
ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅢ a型
Ⅲ型の状態に加えて、前頭部付近が薄くなってきている状態です。

本気で薄毛・ハゲを改善したいのであれば、下記のページを参考して下さい。

あなたのAGAの進行度合いに合わせて最適なケア方法を紹介します。

 

続きを読む >>

【次ページの主なコンテンツ】

  • 毎日の生活習慣を見直すことで薄毛は改善できるのか?
  • AGA予防に最適な育毛ケア方法とは・・・
  • AGAの初期症状に最適な育毛ケア方法を紹介
  • 育毛剤が効かない場合でも諦める必要はありません

ページ: 1 2