薄毛の改善を諦めないで!正しいケアを続けることで髪の毛は生えてきます

毎日の生活習慣を見直すことで薄毛は改善できるの?

一番手軽にできるのは毎日の食生活を見直したり、適度な運動を取り入れることです。

 

バランスの良い食生活

食事

人間の身体は毎日摂取する食べ物から作られます。

髪の毛も身体の一部なので、毎日どのような栄養を摂取しているのかが大きく影響します。

例えば、ファストフードやインスタント食品ばかり食べていると栄養が偏ってしまい、健康な髪の毛が育ちにくくなります。

そのため、炭水化物ばかり摂取しているのであれば、タンパク質やビタミンなどもバランス良く取り入れることを意識して下さい。

髪の毛はタンパク質で構成されているので、特に肉類や豆類などを積極的に摂取しましょう。

さらにケラチンを合成するために亜鉛も大切なので、牡蠣やレバーなども効果的です。

毎日バランスの良い食事を続けるのが難しい場合は、サプリメントなどを有効活用することをおすすめします。

サプリメントなら髪の成長に必要な成分を簡単に毎日摂取することができます。

最近では育毛に重点をおいたサプリメントも登場しています。

 

 

適度な運動

運動

運動不足も髪の毛の大敵です。髪の毛は血液から栄養を吸収して成長します。

日頃から運動をしない生活を続けることで血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養が行き届きにくくなります。

毎日仕事で忙しいとは思いますが、休日を利用して運動をしたり、お風呂上がりの軽いストレッチなどでも良いので、意識して取り入れるようにして下さい。

 

上記の方法は手軽に始められますが、薄毛を改善するほどの効果はありません。

あくまで副次的な効果に止まってしまいます。

AGAが原因で薄毛になっている場合は、これだけでは不十分です。

 
参考サイト
⇒ 厚生労働省の公式サイト

 

AGA予防を始めたい場合

まずはAGAを予防したいケースから見ていきましょう。

このような場合は、まずはスカルプシャンプーで育毛ケアを実施することをお勧めします。

AGAがそれほど進行していないので、頭皮環境を整えるだけで抜け毛を抑えることが可能です。

人気があるスカルプシャンプーとしては、モンゴ流シャンプーEXやプレミアムブラックシャンプー、ウーマシャンプープレミアムなどが挙げられます。

 

 

AGAの初期症状のケース

その次にAGAの初期症状のケースを考えていきましょう。髪の毛のボリュームはまだまだありますが、洗髪時などで抜け毛が増えてきている症状のケースです。

育毛剤で改善が期待できるのは、ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅠ型やⅡ型に該当するタイプです。

ハミルトン・ノーウッド分類別症例

AGAの症状は軽度ですが、髪の毛が細くなってきたり、抜け毛が増えてきて、髪の毛のボリュームがなくなってきているケースです。

このような頭皮や髪の毛の状況であれば、育毛剤を使用することをお勧めします。

育毛剤を使用して毎日ケアをすることで、髪の毛に栄養を与えて太くて元気な髪の毛を取り戻すことができます。

できれば、上記のスカルプシャンプーと併用して育毛ケアをするとより効果が実感できます。

人気がある育毛剤としては、リアップX5プラスやイクオス、チャップアップ、ナノインパクト100などが挙げられます。

 

 

軽度~中度までAGAが進行しているケース

さらにAGAが進行したケースを見ていきましょう。AGAが軽度~中度の症状で、抜け毛が進行して頭皮が目立ち始めている状況が該当します。

周りから薄毛を指摘されるくらいの症状と言えばわかりやすいと思います。

中度までAGAが進行している場合は育毛剤を使用してもあまり効果がありません。

できればAGAクリニックなどで薄毛治療を受けることをお勧めします。AGAクリニックでは外用薬と内服薬を使用して治療することができます。

医薬品による薄毛治療で改善が期待できるのは、ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅡ型やⅢ型に該当するタイプです。

また、Ⅲ型であっても症状によっては育毛メソセラピーの施術が必要なケースがあります。

ハミルトン・ノーウッド分類別症例
(ハミルトン・ノーウッド分類別症例のⅡ型・Ⅲ型)

 

治療開始4ヶ月で発毛効果を実感できる

あなたの症状や体質によっても変わりますが、基本的にはミノキシジルとフィナステリドの医薬品を使用して薄毛・ハゲを改善していきます。

ミノキシジルは発毛効果のある成分です。血管拡張作用があり、頭皮に浸透させることで毛細血管の血流を促進させて毛根に栄養を供給しやすくなります。

一方のフィナステリドは薄毛抑制作用がある成分です。AGAの原因となる還元酵素の5αリダクターゼの働きをブロックすることができます。

その結果、悪玉男性ホルモンのDHTの生成を防いで、AGAの進行を食い止めることができるのです。

ミノキシジルとフィナステリドの相性は抜群で、両者を併用することで優れた発毛効果が期待できます。

個人差はありますが、治療を開始して4ヶ月くらい経過する頃には発毛効果を実感できる方が大半です。

そして1年を経過する頃には外見にも大きな変化が現れて、周りからも髪が増えてきていることに気付かれるくらいに回復します。

参考文献:男性型脱毛症の内科的治療

人気があるAGAクリニックとしては、AGAスキンクリニックやAGAルネッサンスクリニック、TOMクリニックなどが挙げられます。

 

 

 

中度~重度まで進行してしまっているケース

そしてAGAが中度~重度まで進行してしまっているケースです。頭皮に髪の毛が生えていない部分が存在している状況が該当します。

ここまでAGAが進行してしまうと、外用薬や内服薬でも効果がないケースがあります。具体的にはハミルトン・ノーウッド分類別症例においてⅣ型以上まで進行している場合が該当します。

ハミルトン・ノーウッド分類別症例

そのような場合は育毛メソセラピー自毛植毛を検討しましょう。

 

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、直接頭皮に注射をして有効成分を注入して薄毛を改善していく治療方法のことです。

頭皮に直接有効成分を注入するので、外用薬や内服薬よりも優れた効果が期待できるのです。

そのため、AGAがかなり進行していて、医薬品でも薄毛が改善しない場合に採用されることが多いですね。また、短期間で薄毛を改善したい場合にも有効です。

育毛メソセラピー

⇒ 育毛メソセラピーの発毛効果や注入する成分、施術費用などを徹底解説

 

自毛植毛

自毛植毛とは、後頭部や側頭部のフサフサしている部分(AGAの影響を受けていない部分)の髪の毛を、薄毛・ハゲが進行している部分に移植することで薄毛やハゲを解消します。

従来の人工毛による植毛とは異なり、自分の髪の毛なので違和感なく仕上げることができます。

自毛植毛はAGA治療の最後の手段として位置づけられています。

実際にAGAクリニックで医薬品による治療を受けても、薄毛が改善する見込みが少ない場合に提案される治療方法です。

自毛植毛

⇒ 自毛植毛の薄毛改善効果や施術費用、副作用、アフターケアの重要性を解説

 
但し、これらの注射療法や自毛植毛は施術料金が高額になることがデメリットになります。

できればここまでAGAが進行するまでに薄毛治療を始めることをお勧めします。

 

薄毛やハゲは改善できる

成功

抜け毛が増えてきて、薄毛やハゲになってしまっても諦めるのはまだ早いです。

あなたの頭皮や髪の毛の状態に合わせて適切な対策を施せば、かなりの確率で薄毛・ハゲの症状を改善することができます。

 

AGAの症状が軽いうちに適切な処置を施そう

AGAは一度発症してしまうと、時間の経過と共にどんどん進行していきます。

また、症状が進行すればするほど、悪玉男性ホルモンのDHTの作用が強力になってくるため、薄毛・ハゲを改善することが困難になっていきます。

症状が進行すればするほど、改善するまでの期間が長くなったり、費用も高額になる傾向があります。

AGAの初期症状であれば育毛剤や育毛サプリなどでケアをすることで、薄毛の進行を食い止めることができます。

しかし症状が進行すると、医薬品による薄毛治療や育毛メソセラピー・自毛植毛などの施術を受けなければ改善しません。

 

AGAの症状が進行するほど費用がかかる

医薬品による薄毛治療の場合は月に1万円~3万円程度、育毛メソセラピーの施術の場合は1回5万円~10万円、自毛植毛の場合は30万円~100万円と治療費用が高額になります。

そのため、薄毛やハゲを本気で改善したいと考えているのであれば、できる限り症状が軽い段階でケアを施すことをおすすめします。

当サイト「AGAマスター」では、髪の毛の悩みを抱えている方にとって有益な情報を配信して役立ててもらうために運営しているウェブサイトです。

ぜひあなたも適切な対策を実施して薄毛やハゲの悩みから解放されてください^^

医師

ページ: 1 2