若ハゲは辛い悩みです!若ハゲの症状や原因・改善方法を詳しく解説します

 

若ハゲの症状

症状

若ハゲの症状はコレといった決まり切った典型的な症状は存在せず、実に様々です。

生え際付近のおでこから薄くなってくる方もいれまれば、M字付近から徐々に薄くなって剃り込みが入っているように進行するケースもあります。

その他には頭頂部のつむじ付近から薄毛が進行していくケースなどが挙げられます。

 

初期症状・兆候

10代や20代から髪の毛が薄くなる初期症状は、その他の年代とそれほど変わりません。

徐々に髪の毛のボリュームがなくなって弱々しい毛が増えていきます。そして抜け毛の本数が増えていくことで薄毛が進行していく仕組みになっています。

髪の毛が細くなってくると、シャワーをしたり雨に濡れたりした場合に地肌の頭皮が目立ちやすくなります。

いわゆる髪の毛が束になって、スカスカに見えてしまう現象です。

地肌の頭皮が目立ってしまうのは結構ショッキングな出来事なので、この頃から育毛ケアを始める方が増えていきます。

 

若ハゲを隠す髪型

ボウズ

10代や20代から薄毛が気になり始めたら髪の毛を伸ばして隠そうとしますが、逆効果になることが多いです。

髪の毛が長ければ長いほど、髪の毛が少ない(薄くなっている)部分が目立つ傾向があります。

そのため、薄毛を隠そうと思うのであれば全体的に短髪にすることをおすすめします。

 

ソフトモヒカン

薄毛と相性が良い髪型の一つがソフトモヒカンです。

サイド部分は短く刈り上げて、トップ部分にボリュームを出す髪型です。

ソフトモヒカンはサイドを短く刈り上げるため、生え際部分の薄毛が目立たなくなるというメリットがあります。

さらにトップにボリュームがあるため、ワイルド感も演出できてお洒落に見えます。

 

スキンヘッド・ボウズ

薄毛がかなり進行している場合はスキンヘッドやボウズの髪型がおすすめですね。

全体的に短くすることで、薄毛部分が目立たなくなります。

スキンヘッドやボウズは頭の形によって向き・不向きがありますが、頭の形がキレイなのであれば、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

若ハゲになる原因

若ハゲになる原因はいくつか存在します。ここでは主な原因をピックアップして詳しく解説していきます。

ストレス

まず一つ目がストレスです。過度なストレスは身体に悪影響を及ぼすことは知られていますが、実は髪の毛にも良くありません。

10代~20代の頃は多感な時期なので、他の年代よりもデリケートでストレスを受けやすい傾向があります。

そして体質的にストレスに弱い場合はストレスの影響を受けやすいので注意が必要です。

ストレス

ストレスを溜め込むと交感神経が優位になって自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、体内の血管が収縮して血行が悪化します。髪の毛は血液から栄養を吸収するので、頭皮の毛細血管の血流が悪化すると、髪の毛が丈夫に育たなくなるのです。

ストレスと薄毛の因果関係に関しては下記のページで詳しく解説しているので、関心がある方はチェックして下さい。

⇒ ストレスでハゲることってあるの?ストレスと薄毛・ハゲの因果関係を解明します

 

脂漏性脱毛症

その他には脂漏性脱毛症を発症している可能性も考えられます。

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって毛穴に炎症が起こることで、抜け毛を引き起こす症状のことです。

誰の頭皮にもマセラチア菌が常駐しているのですが、皮脂の過剰分泌によってマセラチア菌が異常繁殖をして炎症を引き起こします。

10代~20代の頃は男性ホルモンの分泌量がピークに達します。男性ホルモンの分泌が盛んになればなるほど皮脂の分泌量も増加します。

そのため、他の年代と比較して脂漏性脱毛症を発症しやすいと言えます。

脂漏性脱毛症の見分け方は皮脂の過剰分泌によって大きなフケができたり、頭皮に赤みや痒みがあるかどうかで判断できます。

これらの症状が現れている場合は脂漏性脱毛症の可能性が高いです。

そのまま放置しているとさらに症状が悪化する恐れがあるので、病院で診察を受けるようにして下さい。

 

円形脱毛症

頭部に10円玉くらいのハゲができている場合は円形脱毛症の可能性が高いですね。

AGA(男性型脱毛症)とは異なり、10円ハゲができている部分だけ髪の毛が抜けます。

その他の髪の毛は正常なので、比較的判断しやすい症状だと言えますね。

円形脱毛症はストレスを溜め込むことで発症することが多いです。

その他には自己免疫疾患によって発症することがあります。

自己免疫疾患とは、外部からの侵入を防ぐために働く免疫系機能に異常が生じて、身体の一部を異物と誤認して攻撃してしまう病気のことです。

円形脱毛症はTリンパ球が毛根を異物を誤認して攻撃することで生じます。

なぜ、免疫系機能に異常が生じるのかは現在でも判明していません。

円形脱毛症であれば、治療せずにそのまま放っておくことで自然に治ります。

但し円形脱毛症のハゲの範囲が拡大してきたり、複数箇所にハゲが増えてきた場合は病院で診察を受けるようにして下さい。

 

AGA(男性型脱毛症)

若ハゲになってしまう一番多い原因はAGA(男性型脱毛症)です。

上記の『若ハゲの症状』で紹介しているように、生え際やM字付近、つむじ付近の髪の毛が弱々しくなってきたり、細くなってきていると感じる場合はAGAが原因の可能性が高いですね。

AGA

AGAは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことによって、髪の毛を細くしたり抜け毛を促したりする症状のことです。

このDHTは還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することで生成されます。

AGAは男性ホルモンと関係性が深いため、男性ホルモンの分泌量がピークを迎えて低下していく頃(20代前半あたり)から発症するケースが徐々に増えていきます。

とは言っても全ての男性がAGAを発症する訳ではありません。

実際に40歳や50歳を過ぎた男性でも髪の毛がフサフサしている方も存在します。

 

AGAは遺伝

AGAを発症するかどうかは遺伝によって決定します。

まだ研究段階ですが、デンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子が存在していて、この遺伝子が薄毛やハゲを誘発させる可能性があると考えられます。

さらにアンドロゲンレセプターの感受性を高める遺伝子も存在して、AGAの原因となる5αリダクターゼを活性化させる働きがあります。

つまり、これらの遺伝子の両方、もしくはどちらか片方を両親から受け継いだ場合にAGAを発症する可能性が高くなります。

これらの二つの遺伝子を両方受け継ぐことでAGAの発症を早めてしまい、若ハゲになりやすくなるのです。

AGAと遺伝の関係に関しては下記のページで詳しく解説しています。

 
遺伝⇒ 薄毛やハゲは遺伝するのか?薄毛が遺伝する原因とその改善方法・対策を紹介します

 

AGAの予防方法

グッド

もしあなたの両親からAGAを誘発させる遺伝子を受け継いでいたとしても、適切な対策を施すことで抜け毛・薄毛の進行を抑えることができます。

 

サプリメント

一つ目の予防方法はサプリメントの活用です。最近では様々なサプリメントが販売されていますが、育毛サプリメントを登場しています。

育毛サプリメントは体内の栄養バランスを整えて、丈夫な髪の毛が育ちやすい体質に改善することができます。

中でもおすすめなのが育毛サプリGUNGUN(ぐんぐん)ですね。

この育毛サプリGUNGUNにはノコギリヤシやイソフラボンが含まれています。

これらの成分には5αリダクターゼの働きをブロックする効果・効能があり、AGAの進行を食い止めることができるのです。

その他にもリジン、カプサイシン、高麗人参、コラーゲンペプチド、養殖昆布仮根エキスなどの成分が配合されていて、髪の毛を丈夫に成長させる効果が期待できます。

育毛サプリGUNGUN
⇒ 育毛サプリGUNGUNの詳細ページ

 

スカルプシャンプー

薄毛予防にはスカルプシャンプーを使用することもおすすめです。

もちろん髪の毛を生やす効果はありませんが、抜け毛を抑えて丈夫な髪の毛に成長させることは可能です。

スカルプシャンプーの中でも特におすすめしたいのがモンゴ流シャンプーEXです。

モンゴ流シャンプーEXはモンゴロイド系のモンゴル人やインディアン(アメリカ原住民)のヘアケアをヒントに開発されたシャンプーです。

「モンゴル人とインディアンはなぜ薄毛になる割合が少ないのか?」という謎に迫ることで誕生しました。

配合されているイラクサ葉・根エキスやセイヨウイラクサ葉エキス、ビワ葉エキスなどには5αリダクターゼの働きをブロックする働きを有しています。

その他にも合計26種類の天然色部成分が配合していて、しっかりと育毛効果を高めてくれます。

 
モンゴ流シャンプーEX
⇒ モンゴ流シャンプーEXの詳細ページ

 

おすすめの若ハゲ対策・改善

育毛剤

既に薄毛が進行していて、抜け毛が気になり始めている場合は育毛剤の使用を検討して下さい。

「まだ20代なのに育毛剤は早いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、育毛ケアは早ければ早いほど効果的です。

周りの友人や家族などから髪の毛が薄くなってきていることに気付かれていない程度であれば、育毛剤を継続使用することで改善することができます。

 

ナノインパクト100

育毛剤もさまざまなメーカーから販売されていますが、当サイトでおすすめしているのがナノインパクト100です。

毛穴の約200万分の1というナノサイズに成分を閉じ込めているので、毛穴にしっかりと成分が行き届くことができます。

10代~20代の頃は男性ホルモンの分泌量が盛んで頭皮の皮脂の量も多くなるため、通常の育毛剤ではなかなか毛穴の奥深くまで成分が浸透するのが難しいです。

その点ナノインパクト100なら安心です。

ナノサイズに閉じ込めた成分が簡単に毛穴の奥にある毛根まで浸透するので、他の育毛剤よりも優れた育毛効果を実感することができます。

ナノインパクト100
⇒ ナノインパクト100の詳細ページ

 

AGAクリニックで治療しよう

AGAクリニック

周りから薄毛を指摘されるほどAGAが進行している場合は、AGAクリニックなどの医療機関(病院)での治療を検討して下さい。

中には育毛剤で改善しようと考える方もいますが、ここまで症状が進行している場合は育毛剤での改善は困難です。

AGAは進行すればするほど悪玉男性ホルモンのDHTの働きが強力になるため、育毛剤に配合されている成分の効果・効能を打ち消してしまうのです。

実際にいくつか育毛剤を使用したにも関わらず、一向に抜け毛が減らない場合はAGAクリニックで薄毛治療を受けることをおすすめします。

 

医薬品で若ハゲが改善する

比較的症状が軽い場合であれば、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品だけで薄毛を改善することができます。

治療費用に関しても月に10,000円~20,000円程度です。20代の時期はお金もなくて大変ですが、これくらいの金額であればなんとか捻出できると思います。

個人差はありますが、半年ほど継続して治療を続けることで発毛効果が実感できます。

そして一年を経過する頃には周りからも髪の毛が生えていることに気付かれるほど回復するケースが多いです。

若ハゲがコンプレックスで悩みを抱えているのであれば、一度AGAクリニックに相談に行くことをおすすめします。

大半のAGAクリニックは無料でカウンセリングを受け付けています。あなたの悩みに真剣に向き合ってくれるのでぜひ相談してください。

 

AGAスキンクリニックがおすすめです

医療機関で若ハゲを治療したいのであれば、AGAスキンクリニックがおすすめです。

AGAスキンクリニックは全国展開している大手クリニックなので、東京都内だけでなく全国各地の主要都市で開院しています。

そのため、通院しやすく無理なく薄毛治療を続けることができます。

また、発毛実感率が99.4%を達成している優良クリニックなので、あなたの薄毛の悩みも解消できるはずです。

個人差はありますが、医薬品による薄毛治療を受けた場合は、治療開始から4ヶ月程度する頃には髪の毛が生えてきていることを実感することができます。

そして1年ほど治療を続けることで、周りからも髪の毛が生えてきていることを気付かれるくらいには改善します。

AGAスキンクリニックは初回カウンセリングを無料で受け付けています。

育毛剤を使用しても薄毛が改善しなくて悩んでいるのであれば、一度相談してみてはどうでしょうか?

AGAスキンクリニック
⇒ AGAスキンクリニックの詳細ページ
 



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2019年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」と思っているなら、下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。