髪の毛が細くなる軟毛化は薄毛の黄色信号です!軟毛化の原因とその対策を紹介します

年齢を重ねるにつれて、髪の毛が細くなっていく男性は多いです。

以前よりも髪の毛が軟らかくなってきたら、軟毛化が進行している可能性があります。

髪の毛が軟らかくなったり、細くなったりする原因は色々ありますが、男性の場合は圧倒的にAGA(男性型脱毛症)が原因です。

AGAが原因で以前よりも髪の毛にコシがなくなってきたり、抜け毛の量が増えてきたという自覚があるのであれば、できるだけ早急に育毛ケアを始めるようにしましょう。

さまざまな対応策がありますが、軟毛化の症状が軽い場合は育毛剤でケア。逆に症状が重い場合はAGAクリニックで医薬品による薄毛治療を検討して下さい。

軟毛化の症状が軽ければ軽いほど、早期にかつ安い費用で改善することができます。

 

抜け毛・ハゲの前兆となるのが軟毛化です

不安

髪の毛が細くなったり軟毛化したりする症状は抜け毛やハゲの前兆と考えて下さい。

軟毛化とは文字通り、髪の毛が軟らかくなってくる症状のことです。

正常な髪の毛は大体4~6年程度の周期で生え替わり、新しく生えてきた髪の毛は伸びていく度に太く丈夫に成長していきます。

しかし、何らからの原因によってヘアサイクルが乱されてしまうと髪の毛が正常に育たなくなり、髪の毛が軟らかくなったり細くなったりします。

 

軟毛化の進行度合

軟毛化の症状としてはまず最初に以前よりも髪の毛のボリュームがなくなってきます。

髪の毛1本1本にハリやコシがなくなってきていることが主な原因です。

最初は髪の毛を切ったからボリュームがなくなったと感じる程度ですが、髪の毛が伸びてもボリュームが出ない場合は軟毛化の初期症状なので、注意をして下さい。

さらに症状が進行すると、髪の毛1本1本が細くなっていきます。

すると洗髪後や汗をかいた時、さらには明るい照明の下に立った時などに頭皮の地肌が透けて見えるようになってきます。

この段階に差し掛かる頃に薄毛やハゲの不安が高まってきて、育毛ケアを始める方が増えていきます。

そして、さらに軟毛化が進行すると髪の毛の本数自体も減少してきて、周りから薄毛を指摘されるようになってしまいます。

 
髪の毛がスカスカ⇒ 髪の毛がスカスカで頭皮の地肌が目立ってきた・・・

 
 

軟毛化が進行しているかどうかの基準

抜け毛

一般的な日本人の髪の毛の太さは0.06~0.09mmです。

そしてこれらの太さを確保している髪の毛は120~180gの引っ張る力を有しているのが正常です。

つまり、髪の毛の太さや引っ張る力が上記の数値以下になっている場合は、軟毛化が進展している恐れがあります。

日常生活で髪の毛の太さや引っ張る力を測定するのは難しいので、これらの数値を頭に入れておく必要はないです。

しかし、髪の毛にハリやコシがなくなってきたと感じたり、抜け毛が以前よりも細くなってきていると感じる場合は軟毛化が進行している恐れがあるので気を付けましょう。

 

髪の毛が細くなる軟毛化の原因はさまざま

髪の毛が細くなったり、軟らかくなる(軟毛化)原因は様々です。

 

ストレス

過度なストレスは身体に悪影響を及ぼすことが分かっていますが、髪の毛も同様です。

ストレスは髪の毛の大敵です。日頃の仕事や人間関係で過度なストレスを抱え込んでいる場合は髪の毛に悪影響が現れてきます。

ストレス

ストレスを抱え込み続けると自律神経が正常に働かなくなり、血管を収縮させてしまいます。

血管が収縮することで体内の血液循環が悪化して、頭皮にも十分な血液が行き届かなくなります。

髪の毛は血液から栄養を吸収して成長するので、血流が悪化することで十分な栄養が供給されなくなることで、健康な髪の毛に育たなくなるのです。

その他にもストレスが原因で緊張状態が続くことによって頭皮が固くなってしまいます。

頭皮が固くなると毛細血管の血流が悪化するため、健康な髪の毛が育ちにくくなります。

また、ストレスを抱え込むことによって円形脱毛症になることもあります。

日頃からストレスを抱え込んでいるという自覚があるのであれば、上手にストレスを発散するようにしてください。

例えば、毎日仕事で忙しいのであれば、入浴時間を少し長めにとってリラックスする時間を確保したり、休日にあなたの好きな趣味などに没頭できる時間を作るようにするだけで、ストレスを軽減することができます。

 

偏った食事

毎日脂っこい食事やファストフード、インスタント食品ばかり食べる行為も髪の毛の成長に良くありません。

髪の毛は毎日の食べ物から作られます。そして髪の毛を健康に育てるためにはタンパク質や亜鉛、ビタミン類などが欠かせません。

食事

特に亜鉛やビタミン類は意識して摂取しなければ不足がちになりやすいので注意をしましょう。

例えば亜鉛は牡蠣や高野豆腐などにたくさん含まれています。

ビタミン類においては緑黄色野菜などを積極的に摂取することをおすすめします。

毎日バランスの良い食事ができない場合はサプリメントなどを活用するのも良い方法です。

 

喫煙

喫煙習慣は肺がんや心筋梗塞、脳梗塞を発症する危険性を高めると言われていますが、髪の毛の成長においても悪影響を及ぼします。

タバコに含まれているニコチンを体内に摂取することで、血管を収縮させる働きがあることが分かっています。

タバコ

血管が収縮することで血流が悪化して、頭皮の毛根に必要な栄養が行き届きにくくなってしまうのです。

さらにタバコに含まれるニコチンを摂取することによってビタミンCが破壊、そしてシアン化水素を摂取することによってビタミンB12も破壊されます。

ビタミンCはビタミンE(血管を拡張させる)の吸収を促す働きがあるため、ビタミンCが不足することで血流が悪化します。

一方のビタミンB12には毛母細胞の働きを活性化させる働きがありますが、その働きを抑制してしまい、弱々しい髪の毛が増えてしまう恐れがあります。

 

日頃から喫煙習慣がある方は、健康や髪の毛のためにも禁煙することをおすすめします。

 

睡眠不足

慢性的な睡眠不足は髪の毛の成長を妨げます。髪の毛は眠っている時間帯が一番成長します。

人間の身体は熟睡している際に成長ホルモンの分泌量が増加します。

睡眠不足

成長ホルモンは体内に摂取した栄養をエネルギーに変換する役割を担っています。

新陳代謝を促して、肌や筋肉、骨、細胞などの補修や成長に大きく関与します。

髪の毛の成長にも成長ホルモンは欠かせません。毛根近くにある毛母細胞の働きを活性化させて、髪の毛の成長を促進させる働きがあります。

日頃から睡眠不足の状態が続いていると、成長ホルモンの分泌量が減少してしまい、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

できれば1日6~7時間の睡眠時間はしっかりと確保するようにしてください。

 

運動不足

子供の頃や学生時代は身体を動かすことが多いですが、社会人になれば運動する機会は極端に減ってきます。

毎日デスクワークをしている場合は運動不足に注意をして下さい。

運動不足は健康に良くないだけでなく、髪の毛の成長にも悪影響を及ぼします。

運動

筋肉を動かさない状態が続くと血液の循環が悪化して、血行不良を引き起こす恐れがあります。

血行不良は髪の毛の成長を妨げます。

さらに運動不足によって新陳代謝も悪化するので、抜け毛が増えることも予想されます。

日頃から運動不足だと自覚しているのあれば、毎日の生活に運動する時間を少しずつでも取り入れるようにしましょう。

例えば、通勤において歩く時間を多く確保したり、休日にウォーキングやスポーツをする予定を入れスなどが有効な改善方法となります。

 

AGAが軟毛化の主な原因です

AGA

中でも軟毛化の主な原因として挙げられるのがAGA(男性型脱毛症)です。

上記が原因である場合は髪の毛全体が軟毛化することが多いですが、AGAが原因の場合は特定の部分だけ軟毛化が進行します。

AGA
AGAとは成人男性に見られる薄毛の症状で、悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことで、薄毛や抜け毛を誘発させます。

このDHTは還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することで生成されます。

 

AGAの影響を受けやすい部分

男性ホルモンの影響を受ける髪の毛

側頭部や後頭部の髪質よりも生え際から頭頂部にかけての髪質が柔らかく感じるかどうかで判断して下さい。

なぜなら、側頭部や後頭部の髪の毛は女性ホルモンの影響を受けています。その一方で、生え際から頭頂部にかけては男性ホルモンを受けています。

AGAは男性ホルモンの乱れによって生じるので、生え際から頭頂部にかけての髪の毛に影響が出やすいのです。

薄毛を誘発させる5αリダクターゼは生え際やつむじ付近に存在している物質なので、AGAを発症した場合はこれらの部分から症状が現れます。

具体的には「生え際付近やつみじ付近の髪の毛が弱々しくなって細くなった・・・」と感じる場合は、AGAと考えて間違いありません。

また、AGAとその他の原因が絡み合って軟毛化が進行するケースも考えられます。

実際にAGAが原因で髪の毛が細くなったり軟毛化が進行している場合は非常に厄介です。

他の原因の場合はその原因を解消すれば髪の毛は改善するのですが、AGAは一度発症してしまうと死ぬまで進行は止まりません。

また、何も対策を施さなければ、どんどん薄毛の症状が悪化していくのです。

 

続きを読む >>

【次ページの主なコンテンツ】

  • これで安心!AGAの症状を改善する効果的な方法とは・・・?
  • 軟毛化がかなり進行している場合は薄毛治療を検討しよう
  • 今すぐ始めよう!軟毛化の改善は早期ケアが鉄則です



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」という方は下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。