30代男性が薄毛・ハゲになる原因の大半はAGAです!最適な対策・改善方法を徹底解説

30代の薄毛事情

30代といえば、一般的には責任ある仕事を任されたり、結婚して自分の家庭を持ち始める年代だと思います。

そのような年齢に差し掛かる頃に薄毛や抜け毛に悩む男性が徐々に増えてきます。

例えば50代を超えるくらいに薄毛になるのであれば、年齢相応で周りにも薄毛の男性が多くなるのでそれほど気にすることはないですが、30代で薄毛になるのは辛いですよね・・・?

周りの友人や同僚の中にも薄毛になっている割合はそれほど多くはないので、薄毛を馬鹿にされたりして自信を失う男性も多いです。

しかし諦める必要はありません。正しい方法でケアをすることであなたの薄毛は改善できます。

AGAの進行度合いに合わせて最適な改善方法を紹介しているので、30代で薄毛やハゲに悩んでいるのであれば、ぜひ最後まで読んで下さい。

 

意外と多い?30代の薄毛事情

リーブ21のアンケート調査

まずは日本全国で薄毛や抜け毛に悩んでいる30代男性がどれくらい存在するかを見ていきましょう。

毛髪クリニック『リーブ21』が実施した薄毛に関するアンケート調査が公表されていたので、そのデータを紹介しようと思います。

2015年に全国のインターネットユーザー(10代~60代以上の男女)合計4,800名を対象にした『頭髪に関する悩み度調査』をアンケート調査を実施しました。

そのアンケート調査の中で興味深い質問をいくつかピックアップしてみます。

 

何歳から抜け毛が気になっていますか?

「何歳くらいから抜け毛について気になるようになりましたか?」という質問において、『30代から』と回答した割合は全体の22.6%にのぼります。

年代 抜け毛が気になっている割合
10代未満から 0.7%
10代から 8.6%
20代から 29.6%
30代から 22.6%
40代から 19.0%
50代から 13.9%
60代から 5.6%
20代~30代にかけての年代が薄毛・抜け毛の悩みにおいて一番多いことが分かると思います。

 

薄毛が気になる部分はどこですか?

さらに、薄毛や抜け毛に悩んでいる方に対して、「薄毛が気になる部分はどこですか?」という質問もしています。

年代(人数) 生え際中央 M字部分 頭頂部
10代(17名) 35.3% 58.8% 35.3%
20代(142名) 32.4% 50.7% 38.0%
30代(213名) 29.6% 42.7% 47.4%
40代(213名) 27.7% 41.8% 57.3%
50代(241名) 25.7% 36.9% 60.6%
60代以上(123名) 21.1% 20.3% 58.5%

上記の表を見てみると、年代が若いほど生え際(中央部分やM字部分)が気になっていて、年齢を重ねるにつれて頭頂部付近の薄毛が気になる割合が増えていることが把握できます。

30代は丁度真ん中の年代なので、M字部分と頭頂部の割合が多いですが、生え際中央部分も3割近く存在していて、どの部分においても薄毛・抜け毛が気になっている男性が存在することが分かります。

参照文献:日本国内の約3,960万人が脱毛進行中~リーブ21~

 

薄毛・抜け毛の原因としては生活習慣や遺伝、ストレス、運動不足、睡眠不足など実にさまざまですが、大半の原因はAGA(男性型脱毛症)です。

そして各年代によってそれぞれ特徴があるので、下記にまとめてみました。

 

20~30代の薄毛の原因

薄毛に悩む男性

20~30代にかけての比較的若い年代における薄毛や抜け毛が進行する症状のことを『若年性脱毛症』と呼びます。

 

男性ホルモンの乱れ

若年性脱毛症の主な原因は男性ホルモンの乱れです。

男性は思春期を迎える頃から男性ホルモンのテストステロンの分泌量が急激に増加します。

AGAを発症する原因は悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことによって髪が細くなったり抜けやすくなる症状のことです。

AGAになる仕組み

テストステロンの増加とAGAの進行は直接的には関係ないのですが、DHTはこのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合することで生成されます。

つまり、テストステロンの分泌量が増えることで5αリダクターゼと結合しやすくなり、DHTがどんどん生成されて、薄毛・抜け毛を誘発する仕組みになっています。

 

5αリダクターゼの有無がAGA発症の分かれ目

ここで気になるのが「なぜ全ての男性が薄毛やハゲにならないのか?」ということだと思います。

それは人それぞれ体内に存在する還元酵素の5αリダクターゼの量が異なる(個人差がある)ためです。

5αリダクターゼは遺伝によって体内に存在する量がある程度決まっています。

つまり、いくら男性ホルモンのテストステロンがたくさん分泌されたとしても、体内に5αリダクターゼが存在していなければ(少なければ)、AGAを発症することはありません。

逆に体内に5αリダクターゼがたくさん存在するほどAGAを発症しやすくなるのです。

AGAと遺伝の関係に関してもっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。

遺伝
⇒ 薄毛やハゲは遺伝するのか?薄毛が遺伝する原因とその改善方法・対策を紹介します

 

皮脂の過剰分泌

その他には頭皮の皮脂の過剰分泌も薄毛・抜け毛に影響を与えます。

特に20~30代の若い頃には男性ホルモンのテストステロンの分泌量が多くなる傾向があり、その結果皮脂もたくさん分泌されます。

夕方頃に頭皮がベタベタして痒くなったりする場合は皮脂の過剰分泌を疑って下さい。

また、おでこや鼻あたりのTゾーンがテカっている場合も皮脂が過剰に分泌している証拠です。

頭皮の毛穴から多くの皮脂が分泌することで酸化しやすくなり、炎症や痒みの原因となります。

髪の毛は毛穴から生えてくるので頭皮環境が悪化すると、丈夫で健康な髪が育ちにくくなります。

また頭皮が痒くなって掻きむしると、毛穴や髪の毛自体にダメージを与えます。

 

その他の年代の薄毛の原因

参考までにその他の年代における抜け毛・薄毛の原因を紹介します。

 

40~50代の薄毛の原因

40~50代の年代が薄毛・抜け毛が進行する症状のことを『壮年性脱毛症』と呼びます。

上記の20~30代の項目で紹介している内容と同様に、40~50代においても薄毛・抜け毛の原因の大半がAGAです。

悪玉男性ホルモンのDHTが年齢を重ねると共に徐々に生成されていき、薄毛・抜け毛を進行させます。

その他には過度なストレスも髪に悪影響を及ぼします。40代~50代の男性は一般的により責任あるポスト(役職)に就いて働くケースが多いです。

また仕事以外にも、家庭を持っている場合は子供の将来のことなどで色々と悩むことが増えてきます。

ストレスが身体に良くないことは知っていると思いますが、髪の毛にも悪影響を与えます。

過度なストレスを抱え込んでしまうと、自律神経のバランスが乱れて血行が悪くなります。

髪の毛は血液から栄養を吸収するので、血行が悪くなると必要な栄養が行き届かなくなり、健康な髪に成長しなくなるのです。

 

60代以降の薄毛の原因

60代以降の年代において抜け毛・薄毛が進行する症状のことを『老人性脱毛症』と呼びます。

還暦を迎える頃に差し掛かると、AGAというよりも老化が大きな原因となります。

身体機能が徐々に衰え始めてくるため、さまざまな部位が弱まってきます。

髪の毛も同様に毛根の働きが衰えてきて、ヘアサイクルの成長期が短くなったり、髪が細くなったりしてきます。

 

30代男性のAGA(薄毛・抜け毛)改善方法

ここからは薄毛・抜け毛に悩む30代男性の改善方法を解説していきます。

AGAは症状の進行度合いによって、最適な改善・対処方法が異なります。

 

症状が軽い場合は育毛剤でケアをしよう

育毛剤

比較的症状が軽い場合は育毛剤を使用することで改善することができます。

目安としては抜け毛が増えていていたり、髪の毛が細くなってきているけれども、全体のボリュームはまだまだキープできている段階です。

数ある育毛剤の中で特におすすめしたいのがナノインパクト100です。

このナノインパクト100には還元酵素の5αリダクターゼの働きを抑える作用があるエチニルエストラジオールやヒオウギエキスが配合されています。

5αリダクターゼの働きを抑えることで悪玉男性ホルモンのDHTの生成を困難にして、薄毛・抜け毛の進行を食い止めることができます。

薄毛・抜け毛の進行を食い止める成分を配合している育毛剤は他にもたくさん存在しています。

30代のあなたにナノインパクト100をおすすめする理由は優れた浸透力です。

独自のナノ技術を採用していて、毛穴の約200万分の1の極小カプセルに成分を閉じ込めることに成功した育毛剤です。

皮脂の過剰分泌で毛穴が塞がっていたとしても簡単にすり抜けて、毛根まで確実に配合成分を浸透させることができます。

ナノインパクト100
⇒ ナノインパクト100の詳細ページ

どんなに優れた成分が含まれていたとしても、毛根まで成分が行き渡らなければ意味がありません。

その点、ナノインパクト100なら確実に毛根まで配合成分を届けてくれます。

 

育毛サプリとスカルプシャンプーの併用で効果倍増

ナノインパクト100だけでも十分に薄毛・抜け毛を改善することができますが、より優れた効果を実感したい場合は育毛サプリやスカルプシャンプーの併用を検討して下さい。

髪の毛は血液から栄養を受け取って成長します。育毛サプリで髪の毛の成長を促す栄養を体内に吸収することで、健康な髪が育ちやすくなります。

30代のあなたにおすすめの育毛サプリは『GUNGUN(ぐんぐん)』です。

顧客満足度95.8%を実現している育毛サプリで、AGAの原因5αリダクターゼの働きをブロックして抜け毛を抑える成分も含まれています。

価格もリーズナブルで、定期コースなら1日約128円で続けることができ、金銭的な負担も軽いです。

育毛サプリGUNGUN
⇒ 育毛サプリGUNGUNの詳細ページ

 
またスカルプシャンプーを使用することで、皮脂の過剰分泌やフケ・痒みも抑えられて正常な頭皮環境に整えられるため、育毛剤の成分の効果を最大限に高めることができます。

おすすめのスカルプシャンプーとしては、『モンゴ流シャンプーEX』が挙げられます。

日本人は薄毛になる割合が多いのに、「モンゴル人とインディアンはなぜ薄毛になる割合が少ないのか?」という謎に迫ることで誕生したスカルプシャンプーです。

イラクサ葉・根やユッカ根、シーバックソーンという3つの成分(モンゴロイド3大成分)の力によって、モンゴル人やインディアンは抜けにくくて丈夫な髪の毛を保つことができます。

モンゴ流シャンプーEX
⇒ モンゴ流シャンプーEXの詳細ページ

 

ある程度AGAの症状が進行している場合

AGAクリニック

その一方で、ある程度の段階まで症状が進行している場合は、AGAクリニックなどの医療機関で薄毛治療を受けることを検討しましょう。

目安としては頭皮が目立ち始めていて、周りからも薄毛を指摘されるほど症状が進行している段階です。

そこまでAGAが進行している場合は、たとえ育毛剤を毎日使用したとしても回復するのは難しいです。

なぜなら薄毛・抜け毛を促す悪玉男性ホルモンのDHTは、症状が進行すればするほどその作用が強力になっていくためです。

周りから指摘されるほど薄毛が進行している場合は、医薬品による薄毛治療をおすすめします。

 

ミノキシジルとフィナステリドの併用

ミノキシジルとプロペシア

一般的にはミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)という医薬品を併用して薄毛を改善していきます。

ミノキシジルは血行促進作用がある成分で、毛細血管の血流を促して毛根に栄養を供給することで発毛効果を高めることができます。

そしてフィナステリドは還元酵素の5αリダクターゼの働きを抑える働きがあります。

育毛剤の中にも5αリダクターゼの働きを抑える成分が含まれている商品もありますが、どれも天然由来成分なので医薬品よりも効果は劣ります。

このミノキシジルとフィナステリドの相性は抜群で、両者を併用することで優れた発毛効果・改善効果が期待できます。
症状や体質によっても個人差はありますが、大体治療を開始して4ヶ月くらいで発毛効果を実感することができます。

そして治療開始後1年ほど経過する頃には周りからも髪が増えてきていることに気付かれるほど回復します。

 

副作用はゼロではない

但し医薬品による治療を受けるということで副作用が気になります。

ミノキシジルの外用薬を使用する場合は痒みや湿疹、かぶれなどが挙げられます。

内服薬(ミノキシジルタブレット)では、多毛症(体毛が濃くなる)、痒み、肝臓異常、狭心症、動悸、胸痛、血圧低下、倦怠感などです。

そしてフィナステリドでは、性欲減退や勃起機能不全(ED)、精子数減少、じん麻疹、食欲不振、全身倦怠感、肝機能障害、抑うつ症状などが挙げられます。

これらの副作用が現われる可能性はそれほど高くないですが、ゼロではありません。

内服薬を服用する際は気を付けて下さい。体内に摂取するため、外用薬よりも副作用が現われやすいです。

ミノキシジルは外用薬と内服薬の両方が存在しますが、フィナステリドは内服薬のみです。

フィナステリドは性欲減退や勃起機能不全、精子数減少などの男性の生殖機能に悪影響を及ぼす副作用が多いので、30代のあなたにはあまりおすすめはしません。

特に子作りをしている場合はフィナステリドの服用は控えて下さい。

勃起し難くなるだけでなく、精子に異常が発生してお子さんに悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

治療費用は月に10,000円~30,000円

治療費用に関しては月に10,000円~30,000円程度です。

各クリニックによって料金は異なりますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用する場合は15,000円以上になるケースが多いです。

オリジナル処方の治療薬を使用する場合はさらに高額になります・・・(汗)

30代のあなたにとって、毎月15,000円以上の出費は正直痛いと思います。

薄毛が改善するためには最低でも1年程度は継続して治療を受けなければいけないので、20万円程度の出費が必要になることを覚えておいて下さい。

 

リーズナブルなAGAクリニック

リーズナブルなAGAクリニックを探しているのであれば、G.グリーンクリニックがおすすめです。

一番高いプランでも月11,960円程度なので、育毛剤を購入するくらいの価格でAGA治療が受けられます。

またテレビ電話診療が受けられるので、日本全国どこからでも申し込めるだけでなく、通院する手間が省けたり、他の利用者と顔を合わせる心配もありません。

G.グリーンクリニック
⇒ G.グリーンクリニックの詳細ページ

 

まずは育毛剤から始めよう

グッド

AGAクリニックによる医薬品治療は非常に効果がありますが、上述しているように副作用のリスクや金銭的な負担が大きいなどのデメリットも同時に抱えています。

30代という年代は恋愛を楽しんだり、結婚をして子作りをする時期に該当するので、性欲減退や勃起機能不全などの副作用は重大な問題になります。

また、40代以降の男性と比較して給料もまだ少ないです。独身なら問題ないですが、既婚者ならAGA治療にかけられる金額も限られます。

そのため比較的症状が軽い場合においては、まずは育毛剤(ナノインパクト100)を半年ほど試してみて下さい。

ナノインパクト100は医薬部外品の育毛剤なので、重大な副作用が現われる心配はありません。

また初回限定で、通常価格の半額3,780円でお試しをすることができます。さらに満足できない場合は購入後30日以内であれば全額返金にも応じてもらえます。

ノーリスクでナノインパクト100の実力を試すことができるので、多くの利用者が申し込んでいます。
ナノインパクト100
⇒ ナノインパクト100の詳細ページ

ナノインパクト100を半年ほど試してみて、それでも薄毛が改善しない場合にAGAクリニックによる薄毛治療を検討するようにしましょう。

 



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」という方は下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。