おでこが広いとハゲるって本当?おでこの広さとハゲの相関関係を解明します

「おでこが広いと将来ハゲるから気を付けて!」と言われることがあります。

確かにおでこが広い人は将来ハゲる可能性が高いように感じますが、本当におでこが広いとハゲやすいのでしょうか?

実際におでこが広いことがコンプレックスになって悩んでいる方もたくさんいます。

今回はおでこの広さとハゲ・薄毛の相関関係を詳しく見ていきましょう。

 

おでこが広い・広くないの定義

男性

まず最初に、おでこが広い・広くないの定義から確認していきましょう。

我々日本人男性のおでこの広さは平均して5~6㎝程度の範囲内と言われています。

おでこの計測方法は眉毛の一番上の山なりになっているところ(眉山)から額の生え際までの範囲です。

また、簡単に計測する方法としては指を使う方法がおすすめです。

あなたのおでこに指が何本入るかを確かめて下さい。人差し指から薬指までの3本の指が入る程度が平均的なおでこの広さです。

身長や顔の大きさなどによっても長さは異なるので、大体3~3.5本程度が許容範囲となります。

そのため、3~3.5本よりも範囲が広く、薬指を入れた合計4本がすっぽりと入る場合や親指を含めた5本全部入る場合は、おでこが広いことになります。

 

おでこの広さとハゲは関係ない

バッド

他の人よりもおでこが広いからといって、将来絶対にハゲるわけではありません。

男性が薄毛やハゲになる原因として一番多いのがAGA(男性型脱毛症)です。

還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが組み合わされることで、悪玉男性ホルモンのDHTが生成されることによってAGAを発症します。

つまり、おでこの広さとハゲには明確な相関関係はありません。

おでこが広い狭いに関わらず、5αリダクターゼとテストステロンが結合しやすい体質か否かによって、将来薄毛やハゲになるかどうかが分かります。

そのため、おでこが広い方の中にもいつまでフサフサしている方がいる一方で、おでこが狭い方でもハゲている方も存在します。

AGAに関して下記で詳しく解説しているので、興味がある方はそちらでチェックしてください。

⇒ 薄毛・ハゲの主な原因はAGAです

 

生まれつきおでこが広いケース

おでこが広いと言っても、生まれつきおでこが広い場合と、年々おでこが広くなっている場合に分類できます。

生まれつきおでこが広い場合は両親からの遺伝的な要素が強いです。

小学生や中学生などの頃から友人などに「ハゲ!」「でこっぱち!」などと馬鹿にされた経験がある方も多いです。

実際には髪の毛が薄くなっているわけではないのでハゲていないのですが、思春期の多感な時期に生まれつきおでこが広いことでからかわれるのは非常に辛いことです。

おでこが広いことがコンプレックスになって、自信を持てなくなることも考えられます。

 

髪型を工夫する

ツーブロック

おでこの広さを目立たなくするためにヘアスタイルを工夫してみて下さい。

髪の毛でおでこの広さを隠すか、もしくはチャームポイントとして捉えて、あえて短髪にするなどに対策方法が挙げられます。

おでこの広さが気になって長髪で隠そうとする方もいますが、逆効果になることが多いです。

そのため、基本的には思い切って短髪にすることをおすすめします。

全体的に髪の毛のボリュームがある場合はツーブロックがおすすめのヘアスタイルになります。

サイドを刈り上げるなどして軽くすることで、トップにボリュームが生まれて自然な感じになります。

また、おでこを見せてチャームポイントにしたい場合は、ソフトモヒカンお洒落坊主にチャレンジしてみてください。

サイド部分はツーブロック同様にスッキリと刈り上げて、トップ部分にある程度のボリュームを持たしながらワイルド感も演出できるヘアスタイルです。

 

自毛植毛を検討しよう

植毛

中には育毛剤を試す方もいますが、残念ながら育毛剤を使っても効果はありません。

なぜなら、元々おでこの部分には髪の毛が生えていなかったので毛根自体が存在しないからです。

どうしてもおでこを狭くしたいのであれば、自毛植毛を検討して下さい。

自毛植毛とは、後頭部や側頭部などの髪の毛が豊富にある部位から移植する方法です。

但し自毛植毛は施術料金が高額です。大体1㎝ほど生え際を下げるためには1,000株程度の株数が必要となります。

クリニックによって施術料金は異なりますが、大体1,000株で60~100万円程度に設定されています。

自毛植毛に定評があるクリニックとしては湘南美容外科クリニックが挙げられます。

湘南美容外科クリニックではARTAS植毛が利用でき、4つのCCDカメラが1秒に50回撮影して髪の角度や向き、密度、本数を正確に把握します。

その結果、毛根にダメージを与えずに均一なドナーの採取が可能になるというメリットがあります。

湘南美容外科クリニック

⇒ 湘南美容外科クリニックの詳細ページ

 

年々おでこが広くなってきたケース

子供の頃はおでこが広くなかったけれど、30代あたりからおでこが広くなってくるケースもあります。

一つ目の原因は表情筋の衰えです。表情筋とは顔面についている筋肉のことです。

文字通り、表情筋を動かすことで笑ったり泣いたりなどのあなたの表情を作り出す働きを担っています。

普段から表情筋を動かしていないと皮膚がたるんできて、おでこが広くなってきます

また、年齢によっても表情筋が衰えてくるので、日頃から無表情で過ごすことが多い方は意識して表情筋を動かすようにしましょう。

表情筋トレーニングの動画が公開されていたので、下記に掲載しておきますね。

 

薄毛・ハゲの主な原因はAGAです

ポイント

年々おでこが拡がっていく一番の原因はAGA(男性型脱毛症)です。特に男性の場合は大体AGAが原因です。

AGAは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長に悪影響を及ぼして、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたりして薄毛・ハゲを誘発する症状のことです。

還元酵素の5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びついてDHTを生成します。

AGA

個人差はありますが、大体30代半ば辺りからAGAを発症するケースが多いです。

生え際付近の髪の毛が細くなってきていたり、生えている本数が少なくなって薄毛になってきている場合は、ほぼAGAだと考えて間違いありません。

 
※AGAの関連記事
⇒ なぜ抜け毛が増えるの・・・?もしかしたらAGAが原因かもしれません

 

AGAの改善・対策

AGAクリニック

AGAの改善・対策方法はその薄毛の進行度合いによって異なります。

髪の毛のボリュームがしっかりと確保されていて、抜け毛が気になり始めた初期段階であれば、育毛剤でケアをすることができます。

逆に抜け毛が増えてきて頭皮の地肌が目立つくらいにまで進行している場合において、育毛剤では対応できません。

育毛剤はあくまで抜け毛予防やAGAの初期症状で効果を発揮するアイテムです。

おでこが広くなってきていると自覚できる場合は、AGAがある程度進行している状態であるため、残念ながら育毛剤で改善することは困難です。

AGAクリニックなどの医療機関で薄毛治療を受けることをおすすめします。

薄毛の症状や進行度合いによって治療方法は異なりますが、比較的症状が軽い場合は医薬品(ミノキシジルやフィナステリドなど)を使用しながら薄毛を改善させることができます。

気になる治療費用に関しても月に10,000円~20,000円程度で抑えることができます。

 

AGAがかなり進行している場合

逆にAGAがかなり進行している場合は医薬品では改善することが困難になり、育毛メソセラピー自毛植毛などの施術が提案されます。

育毛メソセラピーとは直接頭皮に有効成分を注入する治療方法です。

直接頭皮に成分を注入できるため、効果が早くて短期間で発毛を実感することができます。

最近では施術中の痛みをほとんど感じない施術方法も登場しています。

AGAスキンクリニックでは「Dr’sメソ」という治療方法が導入されています。

注射器を使用して頭皮に注入するため、施術中の痛みが気になりますが、注射をする部位に冷却器具を使って冷やしてくれるので皮膚を一瞬麻痺させて痛みを軽減することができます。

施術料金は2cc⇒1回50,000円4cc⇒1回70,000円となっています。

AGAスキンクリニック

⇒ AGAスキンクリニックの詳細ページ

 

一方の自毛植毛に関しては既に上記で紹介しているので、関心のある方はそちらで確認してください。

⇒ 自毛植毛の解説に戻る

 



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」という方は下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。