髪の毛や頭皮がベタベタして痒みや臭いが気になる!原因と改善策を徹底解説

髪の毛がベタベタする

髪の毛や頭皮がベタベタすることに悩んでいる方は意外と多いです。

髪の毛がベタベタすると、フワッとした髪型にならず、ペチャンコになってしまいがちです。

毎日洗髪していないのであれば仕方がないですが、毎日ちゃんと洗髪しているにも関わらず、髪の毛や頭皮がベタつくという悩みを抱えている方もいます。

またベタツキによる不快感を抱くだけでなく、頭皮トラブルや薄毛の原因を引き起こす恐れがあります。

そのため、もしあなたが髪の毛や頭皮のベタツキが気になっているのであれば、早急に対策を施して下さい。

 

髪の毛や頭皮がベタベタする主な原因は皮脂の分泌です

髪の毛や頭皮がベタベタする原因はいくつか考えられますが、その中でも頭皮から分泌される皮脂が主な原因です。

頭皮の皮脂は頭皮を細菌やウイルスなどから守る役割を担っている大切なものなのですが、分泌量が必要以上に多くなると、色々と問題が生じます。

洗髪をした直後は皮脂が洗い落とされるのでサラサラしていますが、時間が経過すると共に頭皮から皮脂が分泌し始めます。

そのため、朝方はあまりベタツキが気になりませんが、昼頃から夕方くらいにかけて徐々に髪の毛や頭皮のベタツキが気になり始める方が多いです。

しかし症状が重い場合には、朝から既にベタツキを感じることがあります。

 

髪の毛・頭皮がベタベタするデメリット

バッド

髪の毛や頭皮がベタベタすることによって、下記のようなデメリットがあります。

 

痒み

一番多い悩みが痒みです。頭皮に多くの皮脂が分泌することによって痒みを感じます。

痒みを感じ始めると、その痒みに気を取られて仕事どころではなくなります。

頭を掻きむしるのは良くないことは分かっていますが、我慢ができなくてついつい爪で掻きむしってしまうのではないでしょうか?

 

フケが出る

フケは乾燥肌の方に現れやすい症状だと思っているかもしれませんが、実は皮脂の分泌量が多い頭皮にもフケは発生します。

脂性のフケは湿り気のある大きな塊になるケースが多いです。

一般的なフケはカサカサですが、脂性のフケは湿り気があるため、大半のフケが髪の毛の根元部分に付着しています。

そして脂性のフケが発生している場合は、より強い痒みを感じるので非常に厄介です。

 

ニオイがする

髪の毛や頭皮がベタベタすると痒みだけでなく、臭いも気になります。

皮脂は時間が経過すると酸化します。そしてこの酸化が悪臭を放つ大きな原因となるのです。

また、頭皮で繁殖している雑菌と混じり合うことでも臭いが強くなります。

そのため、朝方はあまり臭わなかったけれど、夕方くらいになると臭いが気になり始めるというケースが多いです。

 

皮脂が過剰に分泌する原因

頭皮の皮脂が過剰に分泌する原因として考えられるのが体質です。

肌質に応じて、オイリー肌乾燥肌混合肌の3つに分類できます。

オイリー肌の場合は他の肌質よりも皮脂の分泌量が多いので、髪の毛や頭皮がベタベタしやすくなります。

また、体質以外にも日頃の生活習慣によって皮脂が過剰に分泌されることがあります。

 

過剰なストレス

ストレス

一つ目がストレスです。人間の身体には男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在しています。

強いストレスを受け続けると自律神経が乱れて、ホルモンバランスが不安定になります。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、男性の場合は特に男性ホルモンのテストステロンという物質が減少してしまいます。

すると、男性ホルモンの分泌量を補うためにDHT(ジヒドロテストステロン)という別の男性ホルモンを生成される仕組みになっています。

このDHTは皮脂を分泌する作用があるため、頭皮の皮脂量が多くなってしまうのです。

ストレス
⇒ ストレスでハゲることってあるの?ストレスと薄毛・ハゲの因果関係を解明します

 

偏った食生活

食事

二つ目の原因が偏った食生活です。皮脂は当然体内から生成されるので、日頃から脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物ばかり摂取していると、皮脂のベタツキがさらに強くなります。

また、皮脂の分泌を抑制する作用があるビタミンが不足することでも皮脂の量が増加します。

そのため、日頃から偏った食生活を送っているという自覚があるのであれば、野菜や果物を積極的に取り入れて、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

 

整髪料の洗い残しでもベタベタします

シャンプー

シャンプーや整髪料の洗い残しも頭皮がベタベタする原因となります。

ワックスやジェル、ムースなどの整髪料の中には多くの油分が含まれている商品が存在します。

これらの整髪料を使用するだけで、髪の毛がベタベタになります。

さらに洗髪した際にもくっついたままで、洗い残しをしてしまう可能性も高くなります。

整髪料の洗い残しがあると、髪の毛だけでなく毛穴にも詰まって頭皮トラブルを招く恐れがあるので気を付けましょう。

また、リンスやコンディショナーにも油分が含まれているので十分に注意をして下さい。

 

間違ったシャンプー選び

間違ったシャンプー選び

シャンプーは髪の毛や頭皮に付いた汚れ・皮脂などを洗い流してくれますが、必要以上に洗い流すことで、逆に皮脂の分泌量が増加する可能性があります。

頭皮は細菌などの侵入を防ぐために皮脂を分泌してガードします。

そのため、シャンプーで必要以上に皮脂を落としすぎてしまうと、皮脂量が少ないと判断してさらに皮脂を分泌する仕組みになっているのです。

特にスーパーやドラッグストアなどで販売されている安価なシャンプーは、界面活性剤を使用していて洗浄力が強いので注意をしましょう。

 

爪を立てて洗うのはNG

また、洗髪の仕方にも注意をして下さい。爪を立てて洗髪する行為はNGです。

爪を立てて洗うと刺激があって気持ちが良く、洗っている実感がありますが、頭皮は非常にデリケートです。

頭皮にキズができてそこから体液が出てきて、その体液と皮脂が混ざり合ってさらに粘り気がアップします。

そのため、髪の毛を洗う際は指の腹でマッサージするように洗浄するようにして下さい。

 

髪の毛や頭皮のベタツキは薄毛の原因にもなります

抜け毛

髪の毛や頭皮のベタツキは、単に痒くなったり臭いがするだけでなく、薄毛の原因になる恐れもあります。

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮環境が悪化します。

髪の毛の健康は頭皮環境にも大きく依存しています。その頭皮環境が悪化すると、髪の毛が細くなったり抜けてしまいやすくなるのです。

また、頭皮を掻きむしることで毛根にもダメージを与える恐れもあるので十分に気を付けて下さい。

 

脂漏性皮膚炎の可能性もある

髪の毛や頭皮がベタベタするとフケが出やすくなることは上記で紹介しましたが、さらに症状が悪化すると、脂漏性皮膚炎になる恐れもあります。

脂漏性皮膚炎になると、頭皮に大きなフケができます。また、毛穴に詰まった皮脂が酸化することで嫌な臭いを発します。

さらに症状が進行すると、炎症がひどくなって湿疹ができたり、痒みの度合いも強くなります。

もし、あなたの頭皮が脂漏性皮膚炎の症状が現れているという自覚があったり、症状が進行している場合は、最寄りの皮膚科で診察を受けるようにして下さい。

そのまま放置しておくと、慢性化してしまう恐れがあります。

 

頭皮のベタベタを改善する方法

グッド

ここからは髪の毛や頭皮のベタベタを改善する方法をいくつか紹介します。

 

ディッシュなどで拭き取る

一番手軽な改善方法は、ティッシュやペーパータイルを使って皮脂を拭き取ることです。

髪の毛や頭皮にティッシュなどを押しつけることで皮脂が吸収されるので、ある程度のベタツキは解消できます。

頭皮の皮脂を拭き取る際はゴシゴシと擦るのではなく、優しく押し当てるようにして頭皮にダメージを与えないように注意をして下さい。

 

髪の毛だけでなく頭皮もしっかり洗う

洗髪する際に髪の毛だけ洗っている方がいますが、それは間違いです。

髪の毛だけでなく頭皮もしっかりと洗うように心がけましょう。

毛穴に付着している汚れや皮脂をしっかりと洗浄することで、ベタツキ感は軽減することが可能です。

但し、爪を立てて洗うのではなく、指の腹で優しくマッサージするような感覚で洗浄するようにしましょう。

爪を立てて洗うと頭皮や毛穴を傷付けてしまいます。

 

アミノ酸系シャンプーに切り替えよう

シャンプー

上記のティッシュで拭き取る方法は確かに手軽ですが、根本的な解決策にはなりません。

そこでおすすめしたいのがシャンプーを替えることです。

頭皮の皮脂が過剰に分泌している要因としては、日頃のシャンプーがあなたの体質にマッチしていないことが考えられます。

日頃から安価な界面活性剤(石油系)のシャンプーを使用している場合は、アミノ酸系シャンプーに切替えてみてください。

アミノ酸系シャンプーは石油系のシャンプーとは異なり、適度な洗浄力になっているので必要な皮脂を残しながら余分な汚れと皮脂だけを洗い流すことができます。

このアミノ酸系シャンプーを毎日使い続けることで、徐々に皮脂の分泌量が調整されていき、髪の毛や頭皮のベタベタが解消できる可能性が高いです。

 

モンゴ流シャンプーEXがおすすめ

数あるアミノ酸系シャンプーの中でも特におすすめしたいのが、モンゴ流シャンプーEXです。

商品名の通り、モンゴロイド系のモンゴル人やインディアン(アメリカ原住民)のヘアケアをヒントに開発されたシャンプーです。

我々日本人と同じモンゴロイド系でありながら、日本人よりも豊富な毛髪量を維持している疑問を解明することによって誕生しました。

26種類にも及ぶ天然植物成分が配合されていて、さまざまな観点から髪の毛にアプローチすることができます。

モンゴ流シャンプーEX

例えば、イラクサ葉・根とユッカ根、シーバックソーンというモンゴロイド3大伝承成分が配合されています。

この中のシーバックソーンという植物から抽出した成分には保湿効果があり、シャンプーによる洗い過ぎを防いで、適度な潤いを与えてくれます。

その結果、過剰な皮脂の分泌を抑えて、髪の毛や頭皮のベタツキを防ぐことが可能です。

また、イラクサ葉・根エキスにはフケや痒みを抑える効果もあり、日頃から頭皮のベタツキによる痒みに悩まされている方にもおすすめです。

 

3分間の泡パックで効果倍増

モンゴ流シャンプーEXの効果を最大限に発揮させるためには、洗髪中に3分間の泡パックを実施して下さい。

3分間の泡パックをすることで、頭皮に天然植物成分をしっかりと浸透させることが可能になります。

価格は1本4,980円と、安価な石油系シャンプーよりも高額に設定されています。

しかし、短髪の男性であれば1プッシュで十分に洗髪ができるので、1本あたり4ヶ月程度保ちます。

そのため1ヶ月換算すると、約1,250円程度に抑えることができます。

モンゴ流シャンプーEX

⇒ モンゴ流シャンプーEXの詳細ページ

 

薄毛・抜け毛も進行している場合は育毛剤でケアしよう

髪の毛や頭皮のベタつきだけでなく、薄毛・抜け毛も進行しているのであれば、育毛剤の使用を検討して下さい。

薄毛や抜け毛が進行する大半の原因はAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは一度発症してしまうと、どんどん症状を進行させていきます。また、症状が重くなればなるほど回復するまでの時間がかかります。

そのため、できる限り早期に対策することが何よりも大切になります。

 

ナノインパクト100がおすすめ

数ある育毛剤の中で特におすすめしたいのがナノインパクト100です。

毛穴の約200万分の1というナノサイズに成分が閉じ込められているので、頭皮の皮脂や汚れを簡単にすり抜けて毛穴の奥深くにある毛根まで確実に浸透させてくれます。

ナノインパクト100には合計43種類の成分が配合されています。

AGAの原因となる5αリダクターゼの働きをブロックするヒオウギ抽出液や男性ホルモンの働きを抑制するエチニルエストラジオールが配合されていて、抜け毛を抑制することができます。

さらにトコフェロール酢酸エステルが配合されていて、頭皮に分泌された皮脂の酸化を抑えて痒みを解消することもできます。

ナノインパクト100を初回購入する方限定で、通常価格の半額(3,780円)で購入できるキャンペーンが実施されています。

ナノインパクト100
⇒ ナノインパクト100の詳細ページ

頭皮のベタツキと薄毛の両方が気になるのであれば、一度ナノインパクト100を試してみて下さい。

 



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」と思っているなら、下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。