バイオウィズワンベータSは効かないのか?育毛効果や副作用・口コミ評判を解説

バイオウィズワンベータS
バイオウィズワンベータS
【バイオウィズワンベータSの主な特徴】

  • 『バイオテック』が開発した育毛剤
  • IGF-1育毛理論に基づいて育毛を実現する
  • ナノエマルジョン製法で浸透力が高い
  • 医薬部外品の育毛剤なので副作用の心配なし

 
バイオウィズワンベータS(BIO WITH ONE βS)は、育毛サロンのバイオテックから販売されている育毛剤です。

毎日継続して使い続けることで、抜け難くて丈夫な髪に育てることができます。

優れた浸透力を発揮するナノエマルジョンという特許製法を活用することで、配合されている成分をしっかりと毛穴の奥深くまで浸透させます。

 

発毛・育毛サロン『バイオテック』が開発した育毛剤

バイオテック

バイオウィズワンベータSは発毛・育毛サロン『バイオテック』が開発した育毛剤です。

『バイオテック』とは、創業30年を超える発毛・育毛サロンの草分け的存在です。

長年にわたって発毛・育毛ケアに携わってきた経験や実績から誕生した商品なので、非常に説得力があります。

実際にバイオウィズワンベータSの販売累計本数は100万本を突破しています。

『バイオテック』に関して詳しく知りたい方は下記のページで確認して下さい。

⇒ バイオテックの口コミ評判は嘘?気になる発毛効果とコース料金を徹底検証します

 

IGF-1育毛理論に基づいて育毛を加速させます

バイオテック

バイオウィズワンベータSは『IGF-1育毛理論』という考えに基づいて開発されました。

IGF-1育毛理論とは、名古屋Kクリニック院長である岡嶋研二博士が生み出した理論です。

イソフラボンとカプサイシンの働きを活用して生み出された理論としても知られています。

IGF-1は日本語でインスリン様成長因子-1と訳され、成長ホルモンから生成される物質のことです。

 

CGRPがIGF-1を増殖させる

毛根周辺に存在する知覚神経に刺激情報を感知させて、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質の生成を促します。

そして生成されたCGRPが成長因子のIGF-1を増殖させて、髪の毛の成長を促すことができるのです。

このIGF-1が身体の機能を円滑にする働きがあるので、髪の毛だけでなくさまざまな身体の部位に効果を発揮します。

例えば、血圧を正常にしたり、美肌効果を促したり、さらにはうつ症状の改善、認知機能の向上なども期待できます。

 

独自のナノエマルジョン製法で浸透力を高める

バイオウィズワンベータS

バイオウィズワンベータSでは独自のナノエマルジョン製法によって、1万分の1mmという超微細粒子化に成功しました。

今までの育毛剤は成分の粒子が大きくて、毛穴の奥深くに成分を浸透することが難しいという問題を抱えていました。

また、毛穴に汚れや皮脂が付いている場合はさらに浸透しにくく、頭皮上に残ってしまいます。

バイオウィズワンベータSでは有効成分をナノエマルジョン製法で閉じ込めることによって、毛穴だけでなく頭皮全体から成分を毛根まで浸透させることが可能になりました。

その結果、配合されている成分の効果を最大限に実感することができるようになりました。

 

配合成分の効果・効能

成分

バイオウィズワンベータSに配合されている主な成分は下記のとおりです。

 

エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールとは女性ホルモン様物質のことです。

女性ホルモンと同じような働きがあり、頭皮のホルモンバランスを正常にしてくれます。

薄毛の原因となるAGA(男性型脱毛症)は、悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことによって進行していきます。

このDHTは男性ホルモンのテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結合することで生み出されます。

つまりエチニルエストラジオールに働きによってテストステロンの働きを抑えることによって、DHTの生成をブロックして薄毛・抜け毛の進行を防ぐことができます。

 

ヒノキチオール

ヒノキチオールはタイワンヒノキから発見された成分です。

ヒノキ

優れた殺菌・抗菌作用があり、頭皮に浸透させることで雑菌の繁殖を抑えたり、炎症を防ぐ効果が期待できます。

特に皮脂分泌が多いと雑菌が繁殖しやすく、炎症や痒みの原因になるため、脂性と薄毛の両方で悩んでいる場合におすすめの成分です。

その他にもヒノキチオールには皮膚細胞の新陳代謝をサポートする働きがあります。

頭皮に浸透させることで血行促進効果が生まれ、血流を促して毛根に栄養を与えます。

 

ビワ葉エキス

ビワ葉エキスは文字通り、ビワの葉から抽出された成分のことです。

ビワ

ヒワの葉にはアミグタリン(ビタミンB17)が含まれていて、育毛に関しては頭皮の血行を促す作用があります。

髪の毛は血液から栄養を吸収するので、血行が促進することで毛根から栄養を吸収しやすくなり、髪の毛の成長を促します。

またビワ葉エキスには、FGF7という髪の毛の成長を促す物質の生成をサポートする働きや、FGF5というFGF7とは真逆の髪の毛の成長を妨げる物質の生成を抑える働きもあります。

 

海藻エキス

わかめや昆布、もずくなどの海藻類から抽出される成分が海藻エキスです。

海藻

保湿作用に優れていて、頭皮に浸透させることで乾燥を抑えて潤いを与えます。

頭皮の保湿をキープすることで髪の毛が成長しやすい環境を作り出すことができます。

また、乾燥によるフケや痒みを抑える効果も期待できます。

 

続きを読む >>

【次ページの主なコンテンツ】

  • フォロー体制が万全で購入後も気軽に相談できる
  • 副作用が現われる心配はないの?
  • バイオウィズワンベータSの口コミ評判を紹介
  • バイオウィズワンベータSで効果を実感できる方とは・・・



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」と思っているなら、下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。