ボストンスカルプエッセンスは本当に効かないのか?効果や口コミ評価を徹底検証

BOSTONスカルプエッセンス
【BOSTONスカルプエッセンスの主な特徴】

  • 話題の育毛成分キャピキシル5%を配合
  • ピディオキシジルやフラーレンなども配合
  • 180日間の返金保証付き
  • 副作用の心配なし
  • 中身がバレないように配送してくれる

 
BOSTONスカルプエッセンスは株式会社エスロッソから販売されている育毛剤です。

臨床試験を実施していて、日本肌再生医学会が認定しているスカルプエッセンスとしても注目を集めています。

キャピキシルやピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸、毛髪形成因子という厳選成分を組み合わせたBOSTON独自のグロースシナジーによって育毛を実現します。

今なら定期コースが初回限定価格980円から始めることができるキャンペーンが開催されています。(2018年6月3日まで)

 
BOSTONスカルプエッセンス

 

BOSTON独自のグロースシナジー

BOSTONスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンスはキャピキシルやピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸、毛髪形成因子という厳選成分を組み合わせたBOSTON独自のグロースシナジーによって育毛を実現します。

これらの成分の特徴や効果、効能を詳しく見ていきましょう。

 

注目成分キャピキシルを配合

BOSTONスカルプエッセンス

最近注目を集めているスカルプケア成分がキャピキシルです。

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発された成分で、アセチルテトラペプチド-3という成長因子とアカツメクサ花エキスを組み合わせて作られています。

 

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は人工的に合成したアミノ酸分子で、優れた細胞修復能力がある成分です。

毛包の周囲に存在する3型コラーゲンや7型コラーゲンなどのタンパク質を活性化させ、毛包の成長を促す効果が期待できます。

その他にも、抜け毛の原因となる炎症性サイトカインを抑制する働きがあります。

これらの効果からミノキシジルよりも効果がある成分として紹介しているウェブサイトもいくつかあります。

 

アカツメクサ花エキス

アカツメクサはマメ科シャクジソウ属の多年草で、別名「レッドクローバー」と呼ばれることもあります。

アカツメクサ花

アカツメクサ花エキスにはビオカニンAというイソフラボンが豊富に含まれています。

このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと類似した作用があり、男性ホルモンの生成を促進させる脱毛酵素の5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの生成を抑制してAGAの進行を食い止めます。

キャピキシルはコラーゲンの配列を少し変化させた成分でなので、頭皮に浸透して分解されてもアミノ酸に変わるだけで、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす心配がありません。

 

ミノキシジル誘導体のピディオキシジルの力で発毛を促進

BOSTONスカルプエッセンス

ピディオキシジルはミノキシジルと似たような分子構造を持つ注目の成分で、「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれています。

 

血管拡張作用

ミノキシジルのように血管拡張作用があり、血管が拡がることで血流が改善して頭皮の毛細血管にも十分な血液が行き届きます。

髪の毛は毛細血管から栄養を吸収するので、必要な栄養をしっかりと吸収して太くて元気な髪の毛に成長させることができます。

 

毛母細胞の活性化

ピディオキシジルには毛母細胞の活性化を促進させる効果も期待できます。

毛母細胞が活性化すると毛包が大きくなり、抜けにくい丈夫な髪の毛に成長させることが可能になります。

休止している毛母細胞に働きかけることもできるので、効果的に育毛ケアを実施することができます。

その他にはミノキシジルよりも浸透力が優れていて、毛根までしっかりと浸透するという特徴もあります。

 

頭皮の痒みやフケの発生を抑えるフラーレン

BOSTONスカルプエッセンス

フラーレンとは炭素で構成された物質で、炭素原子60個で構成されるC60などの多面体の総称を意味します。

このフラーレンには活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化作用があります。ビタミンCと比較しても何百倍もの高い抗酸化力が確認されています。

活性酵素から細胞を保護する働きがあり、毛包内の細胞を保護して育毛効果を促進させることができます。

フラーレンの抗酸化力は持続性が高く、アデランスが実施した実験では抗酸化力が24時間も持続したことが確認されています。

紫外線などにも強く、さまざまな条件でも優れた抗酸化力を発揮することでも注目を集めています。

正常な頭皮の場合は弱酸性となっていますが、過剰に皮脂が分泌すると酸化が進み、皮脂に雑菌が繁殖して痒みやフケの原因となります。

フラーレンの効果によって酸化を抑えることで頭皮環境を正常化させ、痒みやフケの発生を抑えることが可能になります。

参考記事:「フラーレンの抗酸化力は未知なる可能性を秘めている」~アデランス公式サイト~

 

5αリダクターゼの働きを抑えるオレアノール酸

BOSTONスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンスにはオレアノール酸が配合されています。

オレアノール酸は「プロキャピル」という物質を構成する成分の一つです。

ワインやオリーブオイル、シソなどにたくさん含まれていますね。

このプロキャピルにはAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHTを(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

その他には抗炎症作用や抗腫瘍活性作用、さらには抗高脂血症作用、アンチエイジング効果などもあります。

 

成長因子の力で育毛効果をアップ

BOSTONスカルプエッセンス

BOSTONスカルプエッセンスには成長因子も配合されています。

成長因子は「グロースファクター」「増殖因子」とも呼ばれていて、文字通り細胞の成長を促す働きがあります。

成長因子は複数の種類があり、BOSTONスカルプエッセンスに含まれているのはヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とビオチノイルトリペプチド-1です。

 

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1は「EGF(Epidermal Growth Factor)」とも呼ばれているタンパク質の一種です。

皮膚表面の細胞に効果を発揮し、成長・再生・修復の機能を促進する成分です。

育毛に関してはヘアサイクルが乱れて長くなった休止期の期間を短くして、成長期を期間を延ばす効果が期待できます。

 

ビオチノイルトリペプチド-1

ビオチンとトリペプチド-1が反応することで作られる成分です。

ビオチノイルトリペプチド-1は、髪の毛にハリやコシを与えて、健やかに保ってくれます。

さらにケラチノサイトの増殖を促進する働きがあるため、育毛効果も期待できます。

最近では、まつ毛美容液にも配合している商品も増えてきています。

 
⇒ BOSTONスカルプエッセンスの口コミ評価をチェック

 

6種類の天然植物エキスを配合

BOSTONスカルプエッセンス

BOSTONスカルプエッセンスには6種類の天然植物エキスも配合されています。

 

アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスはマメ科シャクジソウ属の多年草の植物です。

アカツメクサ花

ビオニカンAというイソフラボンが含まれていて、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を促す5αリダクターゼの働きを抑制する効果が期待できます。

その他には保湿効果や抗炎症作用、抗シワ作用などもあります。

アカツメクサ花エキスは話題の育毛成分キャピキシルにも配合されています。

 

モウソウチクたけのこ皮エキス

たけのこはイネ科タケ亜科タケの若芽のことで、日本国内でも食用として親しまれています。

モウソウチクたけのこは「孟宗竹(モウソウチク)」という種類のたけのこです。

モウソウチク

アミノ酸が豊富に含まれていて毛包組織を活性化させて育毛を促進する効果があります。毛包が大きくなることで抜けにくい髪の毛に成長します。

その他にも保湿効果や抗菌作用、抗酸化作用、消臭作用などが期待できます。

 

アマモエキス

アマモは砂泥域に地下茎を伸ばして生育する雌雄同株の多年生の種子植物です。

アマモ

メラニンを合成するチロシナーゼという酵素の量を抑えることによって、メラニンの合成を抑制する効果があるため、シミを抑えることを目的とした化粧品やスキンケア商品に利用されています。

育毛に関しては保湿効果が挙げられます。頭皮に適度な潤いを与えて乾燥を防ぎ、抜け毛や薄毛を抑えることが期待できます。

 

褐藻エキス

ワカメやコンブ、ヒジキ、アカモクなどが褐藻植物に含まれていて、これらの植物のエキスを抽出したものが褐藻エキスとなります。

海藻

フコイダンやアミノ酸、ジアスターゼ、アルギン酸、ミネラルなどが配合されています。

髪の毛を作り出す外毛根鞘細胞の増殖を促進する働きがあり、毛包を大きくして太くて抜けにくい髪の毛に成長します。

中でもフコイダンは組織再生促進作用や免疫活性化作用などが期待できます。

またアルギン酸は頭皮に浸透させることで皮脂を除去する効果が期待できます。

 

カミツレ花エキス

カミツレはキク科の植物で、白い花が咲くヨーロッパ原産の一年草です。

カミツレ

アズレンやカマズレン、ビサボロール、アミノ酸、フラボノイド、タンニンなどが含まれています。

育毛に関しては抗菌効果や皮膚代謝促進効果があり、頭皮のフケや痒みを抑えたり、髪の毛の艶を出してくれる効果が期待できます。

そのため、育毛剤よりもスカルプシャンプーなどに配合されることが多い成分ですね。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは甘草に含まれるグリチルリチン酸とカリウムの融合体のことです。

甘草

グリチルリチン酸ジカリウムやグリチノンK2と呼ばれることもあります。

優れた抗炎症作用があり、育毛剤だけでなく化粧品や医薬品などにも使用されています。

頭皮環境を整えて頭皮の炎症やアレルギーを抑えることで、薄毛の原因を取り除くことができます。

その他には殺菌作用もあり、皮脂の過剰分泌による雑菌の増殖を抑えることも可能です。

 

続きを読む >>

【次ページの主なコンテンツ】

  • ボストンスカルプエッセンスで髪の毛が生えてくるの?
  • 180日間の返金保証が付いている
  • 定期コースの注意ポイント
  • ボストンスカルプエッセンス利用者の口コミ評価



この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪


【2018年最新版】本当に効果がある育毛剤はコレ!

育毛剤ランキング

「抜け毛や薄毛を予防したい!」と考えているなら育毛剤が断然おすすめです。

AGA予防や初期段階において育毛剤を使用することで、抜けにくくて太い元気な髪の毛に成長させてくれます。

「育毛剤選びで失敗したくない!」という方は下記のランキングページを参考にしてください。


育毛剤が効かないほど薄毛が進行しているなら治療を受けよう

AGAクリニック

育毛剤を使い続けても抜け毛や薄毛の進行を食い止められない場合は、医療機関での治療を検討して下さい。

当サイトでは薄毛治療に定評のあるAGAクリニックを厳選してランキング形式でまとめています。

育毛剤を使っても薄毛を全然改善できなくて、毎日辛い思いをしているのであれば、ぜひ参考にして下さい。

多くの方々が医薬品による治療を受けることで、薄毛やハゲの悩みから解放されています。